特定非営利活動法人しん
活動ライブラリ

3.11 東日本大震災 被災地への支援活動
2011.3.29
宮城県 多賀城市 〜 塩竈市 〜 松島町 〜 石巻市 〜 女川町
車には、七輪・炭・豆炭や衣類、また、コーヒー・ゆべしなどの食べ物まで、あり
とあらゆるものを積み込みました。懐中電灯や乾電池、万が一のことも考え、スペ
アタイヤ2本、毛布等、野宿もできる体制で、まさに完璧な準備をいたしました。
岩手県の山田町が目的地でしたが、被災地の状況が全く想像もつかなかったので、
まず足慣らしということで、日帰りできるコースとして、宮城県の石巻周辺を目標
に出発しました。
集まった支援物資 軽トラックに積み込んだ物資
多賀城市 ある一定の区間が壊滅状態。
塩 竈 市  遊覧船が国道に横転して乗り上げていました。
松 島 町  店舗などの一階部分が浸水被害、建物は倒壊していません。
石 巻 市  電気が通っておらず信号がストップして、全国から来た
     警察官の手信号でした。海岸沿いは壊滅状態でした。
同市渡波 ほとんどの家が全壊。住民の方は鹿妻小学校へ避難。
女 川 町  壊滅状態で、街は瓦礫の山になってしまっていました。
塩竈市 道路に乗り上げた遊覧船 松島町
石巻市渡波 女川町
支援物資は、避難所ではなく、行く先々の孤立しているような個々の方々へお届け
しました。新品ではないことを説明してからお渡ししましたが、それでも喜んで受
け取ってもらえました。
被災地は、これまで見たことのない、想像を絶する光景でした。電気がなくて人も
いない。まさに「死の町」の様相を呈していました。

   Copyright(C)2009 Shin.All rights reserved. 掲載記事の無断転載を禁じます