特定非営利活動法人しん
私にとっての
 この欄では、あなたにとっての「しん」とは何ですか?と問われて、
心に想い浮かぶ、一番ぴったりする「しん」についての原稿を募集しています。
会員、非会員を問いません。寄稿をお待ちしております。
 「心の宝もの」 松田清男
 「眞打のこと」 林家木久扇
「しん」は「信」なり  阿部 浩一(61)
わたしにとっての「呻」 おんみょうじあじき

   Copyright(C)2009 Shin.All rights reserved. 掲載記事の無断転載を禁じます